お待たせいたしました!今年の「ライトツリープロジェククト〜RAKUGAKI〜」がついに完成です!今回はプロジェクションマッピングの技法と、新たにQVSC®という MASARU OZAKI がこのプロジェクトの為に開発したオプティカルトリックも取り入れた表現で、光のショーを完成させています。エンターテイメントを通じて、緑や自然についてもう一度、関心を向けてもらいたい。今回は「再生する力」というメッセージも込められています。それではお知らせです!「石井竜也のショータイム」1回目 2012年12月7日(金)19:30~21:00(BSプレミアム)世界のエンターテインメント・ショーを紹介する、石井竜也のショータイム。大人が楽しめる「深く」「濃い」エンターテインメント番組です。取り上げるジャンルは様々、ただ1つの条件は「超一流」であること。今回のテーマは「光と影が織りなす不思議で幻想的な世界」MASARU OZAKI の他にも素敵なショーがたくさん紹介されるのでお見逃しなく!
Light Tree Project 2012スタッフ一同。
オンエアーでお会いしましょう。ひとりでも多くの人に、この想いが届きます様に…マサル
Thank you for your patience! It’s time to unveil this year’s “Light Tree Project 〜RAKUGAKI (Graffiti)〜”! Along with the technique of projection mapping, this time MASARU OZAKI completed the show of light, including a new optical trick called QVSC®, invented to express this project.
Through this entertainment, we would like you to notice green and nature once more time.  ‘The power of rebirth” is the message it contains this time.
Now some information!
“Ishii Tatsuya no Show time”ON AIR   Friday   December 7, 2012   19:30~21:00(BS Premium) “Ishii Tatsuya no Show time” introduces entertainments from around the world. 
It’s a ‘deep’ and ‘rich’ entertainment program which adults can enjoy.
The program features various genres, but the one condition is that it’s “above the best”.   The theme for this time’s program is “The wonderful and visionary world which light and a shadow weave”.There are also many other wonderful shows introduced besides MASARU OZAKI’s so don’t miss it! 
Team Light Tree Project 2012

I’ll see you ON AIR.Wishing for my thoughts to reach you…   
Masaru

お待たせいたしました!

今年の「ライトツリープロジェククト〜RAKUGAKI〜」がついに完成です!

今回はプロジェクションマッピングの技法と、新たにQVSC®という MASARU OZAKI がこのプロジェクトの為に開発したオプティカルトリックも取り入れた表現で、光のショーを完成させています。

エンターテイメントを通じて、緑や自然についてもう一度、関心を向けてもらいたい。今回は「再生する力」というメッセージも込められています。

それではお知らせです!

「石井竜也のショータイム」
1回目 2012年12月7日(金)19:30~21:00(BSプレミアム)

世界のエンターテインメント・ショーを紹介する、石井竜也のショータイム。
大人が楽しめる「深く」「濃い」エンターテインメント番組です。
取り上げるジャンルは様々、ただ1つの条件は「超一流」であること。

今回のテーマは「光と影が織りなす不思議で幻想的な世界」
MASARU OZAKI の他にも素敵なショーがたくさん紹介されるのでお見逃しなく!

Light Tree Project 2012スタッフ一同。


オンエアーでお会いしましょう。
ひとりでも多くの人に、この想いが届きます様に…

マサル

Thank you for your patience!
 
It’s time to unveil this year’s “Light Tree Project 〜RAKUGAKI (Graffiti)〜”!
 
Along with the technique of projection mapping, this time MASARU OZAKI completed the show of light, including a new optical trick called QVSC®, invented to express this project.

Through this entertainment, we would like you to notice green and nature once more time.  ‘The power of rebirth” is the message it contains this time.

Now some information!

“Ishii Tatsuya no Show time”
ON AIR   Friday   December 7, 2012   19:30~21:00(BS Premium)
 
“Ishii Tatsuya no Show time” introduces entertainments from around the world. 

It’s a ‘deep’ and ‘rich’ entertainment program which adults can enjoy.

The program features various genres, but the one condition is that it’s “above the best”.  
 
The theme for this time’s program is “The wonderful and visionary world which light and a shadow weave”.
There are also many other wonderful shows introduced besides MASARU OZAKI’s so don’t miss it! 

Team Light Tree Project 2012

I’ll see you ON AIR.
Wishing for my thoughts to reach you…   

Masaru


2012年ライトツリープロジェクトもいよいよ皆さんにお届けする時がやってまいりました。その前に昨年のライトツリープロジェクトをまだ見ていない方や、もう一度見たいあなたへ、本日より更新がはじまります!是非この機会に「光の魔術師 MASARUOZAKIの世界」をお楽しみください。こちらからどうぞLighttreeproject2011
It is now time to deliver to you Light Tree Project 2012. Before that, for those of you who missed last year’s Light Tree Project, or would like to see it again, we will update you starting today! Please take this opportunity to enjoy ‘The world of the Magician of Lights: MASARU OZAKI’  From here Lighttreeproject2011

2012年ライトツリープロジェクトもいよいよ皆さんにお届けする時がやってまいりました。

その前に昨年のライトツリープロジェクトをまだ見ていない方や、もう一度見たいあなたへ、本日より更新がはじまります!
是非この機会に「光の魔術師 MASARUOZAKIの世界」をお楽しみください。

こちらからどうぞ
Lighttreeproject2011

It is now time to deliver to you Light Tree Project 2012.
 
Before that, for those of you who missed last year’s Light Tree Project, or would like to see it again, we will update you starting today!
 
Please take this opportunity to enjoy ‘The world of the Magician of Lights: MASARU OZAKI’ 
 
From here Lighttreeproject2011


Photographer Masaru Ozaki
コインランドリーに行くの
そしてぐるぐる回る乾燥機を見ているのが好き
風を浴びながら舞い上がる洗濯物 次から次へどんどんつながって飛んでゆく
気がつけば僕も一緒に飛んでいる
ぐるぐるぐるぐる飛んでいる
止まっても100円を入れるとまた風に乗れる
ぐるぐるぐるぐる飛んでいる
気がつけば僕も一緒に飛んでいる
(マサル)
I go to the laundromat, and like to watch the dryer as it swirls.
The laundry flies around as it receives wind.
They fly up one after another.
I can also follow and imagine flying.
Fly around, and around, and around.
When it stops I add another coin and I can fly once more.
Around and around it flies.
I am imagining that I’m flying, when I realize.
Masaru.

Photographer Masaru Ozaki

コインランドリーに行くの

そしてぐるぐる回る乾燥機を見ているのが好き

風を浴びながら舞い上がる洗濯物 次から次へどんどんつながって飛んでゆく

気がつけば僕も一緒に飛んでいる

ぐるぐるぐるぐる飛んでいる

止まっても100円を入れるとまた風に乗れる

ぐるぐるぐるぐる飛んでいる

気がつけば僕も一緒に飛んでいる

(マサル)

I go to the laundromat, and like to watch the dryer as it swirls.

The laundry flies around as it receives wind.

They fly up one after another.

I can also follow and imagine flying.

Fly around, and around, and around.

When it stops I add another coin and I can fly once more.

Around and around it flies.

I am imagining that I’m flying, when I realize.

Masaru.


Photographer Masaru Ozaki 
朝まで寝ないで作業に集中してやっと素敵なシーンが完成!我慢してとっておいたきつねどん兵衛にお湯を注いで待つ事3分 達成感とともに温かいうどんをすすりながら「ファイル保存」をクリック しかし画面には「エラーが起きました」の表示が 「OK」のボタンを押しても動かず 「Cancel」のボタンも無反応 「きっと動き出すでしょ!」 そう信じて待つ事1時間 ソフトウェアは完全に沈黙 僕も沈黙 (マサル)

I concentrated and worked until morning to complete a beautiful scene!I pour boiling water into Kitsune Donbei (instant noodle) that I had wanting to eat, but had been waiting.With the feel of accomplishment I eat the warm noodles as I click ‘save file’.However, on the screen appears the message ‘An error has occured’…I press ‘OK’ and it doesn’t do anything.No response also with the ‘Cancel’ button.'It will respond!'I wait 1 hour believing it will…The software is completely silent.So am I.(Masaru)

Photographer Masaru Ozaki

朝まで寝ないで作業に集中してやっと素敵なシーンが完成!

我慢してとっておいたきつねどん兵衛にお湯を注いで待つ事3分

達成感とともに温かいうどんをすすりながら「ファイル保存」をクリック

しかし画面には「エラーが起きました」の表示が

「OK」のボタンを押しても動かず

「Cancel」のボタンも無反応

「きっと動き出すでしょ!」

そう信じて待つ事1時間

ソフトウェアは完全に沈黙

僕も沈黙

(マサル)



I concentrated and worked until morning to complete a beautiful scene!

I pour boiling water into Kitsune Donbei (instant noodle) that I had wanting to eat, but had been waiting.

With the feel of accomplishment I eat the warm noodles as I click ‘save file’.

However, on the screen appears the message ‘An error has occured’…

I press ‘OK’ and it doesn’t do anything.

No response also with the ‘Cancel’ button.

'It will respond!'

I wait 1 hour believing it will…

The software is completely silent.

So am I.

(Masaru)


雨です!ひえますね!12月が近づいてます!

よし、ハンドパゥワ〜

(シン)




It’s raining!  It’s cold!

It’s almost December!

OK, HAND POWER

Shin

雨です!ひえますね!12月が近づいてます!

よし、ハンドパゥワ〜

(シン)


It’s raining!  It’s cold!

It’s almost December!

OK, HAND POWER

Shin


Photographer Masaru Ozaki
‘Graffiti’ is also the subtitle of Light Tree Project 2012
The scanning, and calibration of not the projectile, but of the ‘Graffiti’ is done.
As long as this is done, even if the projection is off on the actual day of projection,
it can be fixed on the spot!
Data is being absorbed thoroughly.
Masaru.

ライトツリープロジェクト2012のサブタイトルでもある「ラクガキ」投射物ではなく、その「ラクガキ」のスキャニングとキャリブレーションこれをやっておけば本番で映像がズレる事があっても現場ですぐに直せるのです!じっくりデータを吸い上げます。
(マサル)

Photographer Masaru Ozaki

‘Graffiti’ is also the subtitle of Light Tree Project 2012

The scanning, and calibration of not the projectile, but of the ‘Graffiti’ is done.

As long as this is done, even if the projection is off on the actual day of projection,

it can be fixed on the spot!

Data is being absorbed thoroughly.

Masaru.


ライトツリープロジェクト2012のサブタイトルでもある「ラクガキ」

投射物ではなく、その「ラクガキ」のスキャニングとキャリブレーション

これをやっておけば本番で映像がズレる事があっても現場ですぐに直せるのです!

じっくりデータを吸い上げます。

(マサル)


Photographer Masaru Ozaki
猫に会うと必ず「コンニチワ」と声をかけてしまう。後ろ足と前足をそろえてしっぽで巻き込んで御行儀よく座る猫。横に並んだ手を見ているだけでなんだか愛おしく思えてしまう。あ、目が合った!そして身体に力が入り少し姿勢が低くなった。これ以上近づくと逃げてしまうね。またね。ばいばい。(マサル)

When I see a cat, I automatically say “Hello”.A cat sitting in good behavior, with it’s paws and hind legs together, wrapped with it’s tail.It’s a treasure just to see it’s paws placed together.Oh!  Our eyes just met!The cat froze into a low posture.'You'd run away ifl move any closer right?See you!Bye bye.’(MASARU)

Photographer Masaru Ozaki

猫に会うと必ず「コンニチワ」と声をかけてしまう。

後ろ足と前足をそろえてしっぽで巻き込んで御行儀よく座る猫。

横に並んだ手を見ているだけでなんだか愛おしく思えてしまう。

あ、目が合った!

そして身体に力が入り少し姿勢が低くなった。

これ以上近づくと逃げてしまうね。

またね。

ばいばい。

(マサル)


When I see a cat, I automatically say “Hello”.

A cat sitting in good behavior, with it’s paws and hind legs together, wrapped with it’s tail.

It’s a treasure just to see it’s paws placed together.

Oh!  Our eyes just met!

The cat froze into a low posture.

'You'd run away ifl move any closer right?

See you!

Bye bye.’

(MASARU)


Photographer Masaru Ozaki
目の前に突然分かれ道が現れてね、僕にこうささやくの「どちらでも好きな方へ進みなさい。右は上り坂で間違っているかもしれない。左は下り坂でいつも通る道。」時間がない時に早く確実に帰る事の出来る道と、体力が必要で時間もかかり帰れるかどうか保証の無い道。✔ 周りに迷惑をかけない為にも経験のある方法を選び、確実にこなしてゆく安心。✔ 時間にも正確で、完璧な仕事。✔ 隙のないセルフマネージメント。頭ではそう描いてみるけれど、すぐに丸めてゴミ箱に捨てられてしまう。迷子になるし、道も険しいし、いきなり壁が建設されたり、矢が飛んできたりするけど(泣)右の道は楽しいよ。山をケーブルカーで登って「登山してきた」って言うより、自分の足で頑張って登った時のお弁当、美味しかったでしょ?ところで、今制作しているシーン、パーティクルのレイヤーが見当たらないまた迷子になったよ(笑)

(マサル)

Suddenly a fork appears in the road and I’m told,
“Take whichever road you like.  The right road is a hill climb and could be wrong.  The left road is a downhill and is the road you always take.”
A road which would definitely allow me to reach goal the fastest, when there’s limited time, and a road that would take a lot of time and energy but uninsured whether I can reach goal.

I draw the images in my mind:

✔Choosing the way I have already experience, so that I don’t trouble the people around me, and is safe and reliable. ✔Being accurate with time, and doing a perfect job. ✔Self management with ones guard up.
 …but it’s easily crumpled and trashed.
I get lost, and the road is steep, and suddenly a wall appears or even an arrow comes flying (cry), but the right road is fun.
Didn’t lunch taste better when you climbed the mountain on foot rather than riding the cable car?

By the way, I can’t find the layers to the particle of the scene I am currently creating.
I am lost again. (lol)
Masaru.

Photographer Masaru Ozaki

目の前に突然分かれ道が現れてね、僕にこうささやくの

「どちらでも好きな方へ進みなさい。右は上り坂で間違っているかもしれない。左は下り坂でいつも通る道。」

時間がない時に早く確実に帰る事の出来る道と、体力が必要で時間もかかり帰れるかどうか保証の無い道。

✔ 周りに迷惑をかけない為にも経験のある方法を選び、確実にこなしてゆく安心。

✔ 時間にも正確で、完璧な仕事。

✔ 隙のないセルフマネージメント。

頭ではそう描いてみるけれど、すぐに丸めてゴミ箱に捨てられてしまう。

迷子になるし、道も険しいし、いきなり壁が建設されたり、矢が飛んできたりするけど(泣)

右の道は楽しいよ。

山をケーブルカーで登って「登山してきた」って言うより、自分の足で頑張って登った時のお弁当、美味しかったでしょ?

ところで、今制作しているシーン、パーティクルのレイヤーが見当たらない

また迷子になったよ(笑)


(マサル)


Suddenly a fork appears in the road and I’m told,

“Take whichever road you like.  The right road is a hill climb and could be wrong.  The left road is a downhill and is the road you always take.”

A road which would definitely allow me to reach goal the fastest, when there’s limited time, and a road that would take a lot of time and energy but uninsured whether I can reach goal.


I draw the images in my mind:


✔Choosing the way I have already experience, so that I don’t trouble the people around me, and is safe and reliable.
 
Being accurate with time, and doing a perfect job.
 
Self management with ones guard up.

 …but it’s easily crumpled and trashed.


I get lost, and the road is steep, and suddenly a wall appears or even an arrow comes flying (cry), but the right road is fun.

Didn’t lunch taste better when you climbed the mountain on foot rather than riding the cable car?


By the way, I can’t find the layers to the particle of the scene I am currently creating.

I am lost again. (lol)

Masaru.


秋ですね!

“ライトツリープロジェト”の“ツリー”にちなんで紅葉を撮ってみました。

今年のプロジェクトはどんな風になるのか、想像してみてくださいね♩

(シン)




It’s autumn!  


I took a photo of autumn leaves in association with “tree” of “Light Tree Project”.

You can imagine how this year’s project would be like♩

Shin

秋ですね!

“ライトツリープロジェト”の“ツリー”にちなんで紅葉を撮ってみました。

今年のプロジェクトはどんな風になるのか、想像してみてくださいね♩

(シン)


It’s autumn! 


I took a photo of autumn leaves in association with “tree” of “Light Tree Project”.

You can imagine how this year’s project would be like♩

Shin


Photographer Masaru Ozaki
アトリエの机の上におにぎりが2つ置いてあった。お茶碗だと1杯くらいでお腹がいっぱいになってしまう僕もおにぎりだと2個も3個も食べられるから不思議です。中に何が入っているんだろう?
(マサル)

There were 2 onigiris (rice ball) sitting on my atelier desk.I get full with just 1 bowl of rice, but when it’s onigiri, I wonder why I can eat 2 ~3.I wonder what’s inside?
Masaru

Photographer Masaru Ozaki

アトリエの机の上におにぎりが2つ置いてあった。

お茶碗だと1杯くらいでお腹がいっぱいになってしまう僕も
おにぎりだと2個も3個も食べられるから不思議です。

中に何が入っているんだろう?

(マサル)


There were 2 onigiris (rice ball) sitting on my atelier desk.

I get full with just 1 bowl of rice, but when it’s onigiri, I wonder why I can eat 2 ~3.

I wonder what’s inside?

Masaru




現場の職人さんが書いた注意書きをじっと見てるMASARUさん。


プロジェクターが少しでも動くと、投影先にかなりの影響が出るので、

現場では、この注意書きが沢山あります。

跳び蹴りバージョンもあります♩

(シン)



‘Don’t even touch with
one finger!!  I will get angry!!’


MASARU is gazing at
this note written by one of the workers on site.


If the projector even
moves a bit, it effects what’s projected,


so there are many of
these notes on site.

There’s also a jump
kick version.  lol

Shin

現場の職人さんが書いた注意書きをじっと見てるMASARUさん。


プロジェクターが少しでも動くと、投影先にかなりの影響が出るので、

現場では、この注意書きが沢山あります。

跳び蹴りバージョンもあります♩

(シン)

‘Don’t even touch with
one finger!!  I will get angry!!’


MASARU is gazing at
this note written by one of the workers on site.


If the projector even
moves a bit, it effects what’s projected,


so there are many of
these notes on site.

There’s also a jump
kick version.  lol

Shin


Photographer Masaru Ozaki
最後のシーン前半の映像を投影してみた。細かいところも丁寧にこだわってこの3日間ほとんど寝ずに一生懸命作った。撮影の機材も準備し、ドキドキしながらの再生。「何かが違う」スタッフのみんなも同じ事を感じていただろう。言葉には発しなくてもその感情は私に届いてしまう。小さい頃から繊細だった事もあるけれど、長年この仕事をしていると、その空気を肌が感じる様になる。新鮮で高級な食材を「素材の良さを活かしました」と言って丁寧に凝った飾り切りを施し、上品なお皿にのせられた、肝心な行程を忘れてしまった料理。「久しぶりにつまらないモノを作ってしまった」インタビューでも無意識に「ノイズが足りない」と答えていた自分がいたが、根本はその一つ手前のとてもシンプルな部分。このタイミングで自分と向き合えて良かった。今回のテーマである再生は、きっとここからはじまるのだろう。(マサル)

I projected the first half of the last scene.I knuckled down working for 3 days without sleep, carefully creating details that I’m fussy about.   Prepared the equipment for projection, and pressed play as my heart raced.  ‘Something’s not right’ I’m sure all staff felt the same. The feelings reach me without words.It might be that I’ve been sensitive since I was young, but when you do this work for quite a while, you become able to feel the air.A dish created saying, “I utilized the taste of the material to the full.”  With all the decorative cut, using fresh and high-class material, and put on a decent plate, but was forgotten an important process. ‘For the first time in a long time, I created something boring.’During the interview I unconsciously answered ‘There’s not enough noise”, but the root lies somewhere more simple, one step before that. I’m glad I was open to this at this timing. Rebirth which is the theme, begins here.
Masaru

Photographer Masaru Ozaki

最後のシーン前半の映像を投影してみた。

細かいところも丁寧にこだわってこの3日間ほとんど寝ずに一生懸命作った。

撮影の機材も準備し、ドキドキしながらの再生。

「何かが違う」

スタッフのみんなも同じ事を感じていただろう。

言葉には発しなくてもその感情は私に届いてしまう。

小さい頃から繊細だった事もあるけれど、長年この仕事をしていると、その空気を肌が感じる様になる。

新鮮で高級な食材を「素材の良さを活かしました」と言って丁寧に凝った飾り切りを施し、上品なお皿にのせられた、肝心な行程を忘れてしまった料理。

「久しぶりにつまらないモノを作ってしまった」

インタビューでも無意識に「ノイズが足りない」と答えていた自分がいたが、根本はその一つ手前のとてもシンプルな部分。

このタイミングで自分と向き合えて良かった。

今回のテーマである再生は、きっとここからはじまるのだろう。

(マサル)


I projected the first half of the last scene.
I knuckled down working for 3 days without sleep, carefully creating details that I’m fussy about.  
 
Prepared the equipment for projection, and pressed play as my heart raced.  
‘Something’s not right’
 
I’m sure all staff felt the same.
 
The feelings reach me without words.
It might be that I’ve been sensitive since I was young, but when you do this work for quite a while, you become able to feel the air.
A dish created saying, “I utilized the taste of the material to the full.”  
With all the decorative cut, using fresh and high-class material, and put on a decent plate, but was forgotten an important process.
 
‘For the first time in a long time, I created something boring.’
During the interview I unconsciously answered ‘There’s not enough noise”, but the root lies somewhere more simple, one step before that.
 
I’m glad I was open to this at this timing.
 
Rebirth which is the theme, begins here.

Masaru


Copyright Ⓒ 2012 MasaruOzaki. All Rights Reserved.